So-net無料ブログ作成

プロ野球 セ・リーグ 首位攻防 明暗

プロ野球ではセ・リーグの首位攻防,巨人対阪神の3連戦が
開始されています。

巨人にとっては再点灯した優勝マジックを一気に減らせる
チャンス!

阪神にとっては逆転優勝に向けて絶対勝たなければならない
試合です。

ここまで両者の対戦成績は9勝9敗1分,と互角!

今日は3連戦の最終日,どのような試合を見せてくれるのでしょうか?

巨人先発は沢村。阪神は能見でスタート。

先制点を取ったのは阪神。
4回の表,阪神の攻撃。死球とヒットでチャンスを作ると
バッターは新井 貴!センターへのタイムリーで阪神が先制します。

(巨人 0-1 神)

巨人は阪神の先発能見の前にチャンスこそ作りますが
得点に結びつきません。

やっぱりさすがは巨人キラーと言われている投手。
巨人戦になると本領発揮してきます。

阪神が6回に4番のマートンがライトスタンドに飛び込む
ホームランを打ちリードを拡げます。
(巨 0-2 神)

(巨人としては苦しい展開ですね・・・)

そして巨人沢村は7回を投げ切ったところで降板。
後は中継ぎにゲームをたくします。

その後,回は進み,ゲームが動きます!
巨人が反撃にでます。

8回の裏,2アウト3塁のチャンスを作ると亀井がセンターへのタイムリーで
1点を返します。
(巨 1-2 神)

また,9回の裏も村田と高橋 由がヒットを放ちノーアウト1,3塁のチャンス
をつくると坂本が犠牲フライを放ち,同点に追い付きます。

(巨 2-2 神)

能見はここで降板します。ベンチでグローブをたたきつけ,怒りを露にします。
そりゃ悔しいですよね。。あと1イニングを抑えればチームも自分も勝っていた
わけですから。やりきれない思いだと思います。

しかし,さすが首位を走るチームですね。土壇場まで追い込まれても
最後まで粘り強く戦う姿勢が違いますね。

ここまでくれば流れは巨人に傾きます。

10回裏,先頭バッターの長野がレフトスタンドへホームランを放ち
ゲームセット。

巨人は阪神にまさかの3タテです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。