So-net無料ブログ作成
検索選択

阪神タイガース 藤浪 2桁勝利 プロ野球界

プロ野球セ・リーグ,阪神タイガースの藤波 晋太郎投手が
2桁勝利となる10勝目をかけて8月31日の広島戦に出場しました。


藤浪投手といえば昨年,大阪桐蔭高校からドラフト1位で阪神
タイガースに投手として指名されました。


2012年には春夏共に甲子園で優勝を経験しています
身長197センチと大柄な体格から繰り出される150キロを超える
ストレートを武器にカットボールやスライダーなど変化球も多彩です。


藤浪投手は今年の3月31日にプロ初登板しています。
開幕第3戦目での登板は開幕第4戦目に登板した松坂 大輔
涌井 秀章投手を抜き,史上最速記録ということです。


ここまでローテーションを守り,9勝4敗です。また,今年のオールスター
にも出場しています。

果たして,10勝目をあげることはできたでしょうか??

藤浪投手はいつもどうりの投球で広島打線を寄せ付けません。
2回に内野安打とスクイズで1点を失うものの,それ以降は
得点を許さず,6回を1失点,ゲームをつくります!


試合は2-1で阪神が勝ち,藤浪投手は10勝目を飾る事ができました!
高校卒業での2桁勝利をあげたのは46年ぶり,そして阪神タイガースでは
あの偉大なピッチャー,江夏 豊以来ということです。。


・・・ちなみにセ・リーグでは5人目の快挙ということです。。
それだけ高校卒業したてでプロの世界で活躍するのは難しい
事だということでしょうか?


しかしなぜプロで活躍するのが難しいのでしょうかね?
理由はいろいろあると思います。あるピッチャーがいってましたが
レベルの高さと自己管理次第がプロで通用するか分かれ目だということです。


例えば,ピッチャーであれば高校や大学社会人の時に三振を取れてた
ボールがファールにされたり,ヒットを打たれることなんてザラです!

バッターでいえばホームランを打ったと思えば外野フライになったり
することもあるそうです。

(さすがはプロですね・・・一般的にプロ野球の世界でレギュラーを
取れるのは10人中1人とかの世界らしいですから・・・)

それだけレベルは高いということでしょう。


もう1つは自己管理です。
プロ野球の世界では約6カ月の間で週に1回の割合で登板します
(先発ピッチャーの場合)

そうなると1回のゲームで100球近くは投げます。きっちりローテーション
を守れば1カ月で400球です。
(練習を入れればその倍以上です。)


つまり高校や大学に比べて圧倒的に投げる球数が増えますので
その分肩やひじに負荷がかかります。

その分ケガにも注意しなければなりません。

・・・プロで活躍するということはとても大変なのですね。

以上藤浪投手の活躍でした!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。